(仮)ひとりごとブログ

出稼ぎ / サンジの父 / 家族大好き

野球バカのヒトリゴト(申告制の敬遠)

申告制の敬遠。

日本でも導入されるんでしょうか!?


僕は絶対反対!!

申告制の敬遠なんか見てて面白くない。

試合時間の短縮が目的なら、

他に改善するとこあるはず!


1999年、僕は。

敬遠球打ってサヨナラ勝ちした。

阪神の試合をリアルタイムで見てた。

(テレビ中継やけど。。)


僕はプロの投手と打者。

意地と意地のぶつかり合い。

真剣勝負が見たい。


あっこれは勝負せえへんな。からの

本気の勝負やったり。

勝負せぇや!の敬遠やったり。


勝負しに行った結果の四球と

申告制敬遠を一緒にして欲しくない。


チーム戦略としての敬遠。

それは理解できるんです。

けど!!

その戦略で敬遠指示されて。

マウンドで悔し涙を流す。

そんな投手の心意気。僕は大好きです。


例えば。ペナントレース終盤。

打たれたら、自分のタイトルが消える。

そんな局面。

僕なら。

(いろんな考え方あるのでここはあえて僕ならです)

投手には勝負して欲しいと思う。

その結果は受け止める。

けど。。

投手なら、やっぱ敬遠したいと思うやろな。


野球にはこんなドラマ。

いっぱいあるんです。


申告制敬遠の目的が、

試合時間の短縮なら。

それは違うって。

メジャーリーグがそうするから、

日本もそうするって。

それは違うぞって。

言いたい、いち野球バカの僕です。